The+Black+Cat%3B+Part+III

黒猫:第三部

エドガー・アラン・ポーの代表的な短編。殺人犯が犯罪を巧妙に隠し、自分は完璧だと信じている…自分で正体を明かすまで。

上級者
Beelinguappでこのストーリーを読んだり聞いたりしましょう!

黒猫:第三部

エドガー・アラン・ポーの代表的な短編。殺人犯が犯罪を巧妙に隠し、自分は完璧だと信じている…自分で正体を明かすまで。

上級者
Beelinguappでこのストーリーを読んだり聞いたりしましょう!

ある日、妻は何かの家の用事で、貧乏のために私たちが仕方なく住んでいた古い穴蔵の中へ、私と一緒に降りてきた。 猫もその急な階段を私のあとをおってついてきたが、もう少しのことで私を真っ逆さまに突き落とそうとしたので、私はかっと激怒した。 怒りのあまり、これまで自分の手を止めていたあの子供らしい怖さも忘れて、斧を振り上げ、その動物めがけて一撃に打ち下ろそうとした。それを自分の思った通りに打ち下ろしていたのなら、もちろん、猫は即座に死んでしまったろう。 が、その一撃は妻の手でさえぎられた。 この邪魔立てに悪鬼以上の憤怒に駆られて、私は妻につかまれている腕を引き放し、斧を妻の脳天に打ち込んだ。 彼女はうめき声もたてずに、その場で倒れて死んでしまった。

お好きな言語で読んだり聞いたりしましょう

Tags:
英語の黒猫:第三部 スペイン語の黒猫:第三部 ドイツ語の黒猫:第三部 スウェーデン語の黒猫:第三部 イタリア語の黒猫:第三部 日本語の黒猫:第三部 韓国語の黒猫:第三部 ポルトガル語の黒猫:第三部 フランス語の黒猫:第三部 トルコ語の黒猫:第三部