story-detail-imagen-3

重要な語彙

分かち合う
Imparting
できるだけ細部にわたる
Minutest
憶測
Assumption
遺伝
Inheritance
はなはだしい
Atrocious
疑い
Suspicion
楽しい
Cheerful
渦巻いた
Whirled
脅すように
Menacingly
通り抜けた
Threaded

殺人の公判; パートI

チャールズディッケンズがこれまでに広く発表された初めての幽霊話の一つを用意してくれます。 殺人の公判と幽霊が合わさったすばらしいお話

icon leven
上級者
Beelinguappでこのストーリーを読んだり聞いたりしましょう!

殺人の公判; パートI

チャールズディッケンズがこれまでに広く発表された初めての幽霊話の一つを用意してくれます。 殺人の公判と幽霊が合わさったすばらしいお話

上級者
Beelinguappでこのストーリーを読んだり聞いたりしましょう!

知性と教養が抜きんでた者たちの間でさえ、自分の心理的な体験を人に話すとき、特に世にも不思議なことを話すときは、物怖じしてしまう場合が多いのではないのだろうか。私はいつもそのように思ってきた。 ほとんどの人たちはそんなことを話してみてもそれに匹敵するものや呼応するものが聞き手の内面生活になく、結局は疑われるのではないか、笑われるのではないかと思ってしまうようである。 大ウミヘビに似た何か尋常な生き物を実際に見たことがある正直な旅人がいたと仮定してみよう。その場合は、人に話して聞かせることに二の足を踏んだりしないであろう。とはいえ、この旅人が何か奇異な予感、衝動、突飛な考え、幻覚(とやらと言うもの)、夢やその他頭に焼きつくような珍しい印象を受けたとすればそれは全くの別問題である。おそらくその告白には相当なためらいが伴うだろう。 こうしたことを話したがらないのは、その話題が隠蔽な世界と大いに関係しているからではあるまいか。 実在する森羅万象に関する経験の場合と違って、このゆえ実体のないものについての体験を語ることは、私たちには通例あまりないと言ってよい。 それゆえ、主観的な体験談が世間一般で備蓄されることは非常にまれであり、備蓄自体が今もって悲惨なほど不完全だという点において、そうした経験談は本当に珍しいものとなっている。

お好きな言語で読んだり聞いたりしましょう

人気のミステリーストーリー

行方不明の少年;パートI
黒猫第二話
黒猫:第一部
シャーロック・ホームズ、最後の事件(抜粋)

最新のミステリーストーリー

エルキュール・ポワロ:戦勝記念舞踏会事件(抜粋)
行方不明の少年;パートII
行方不明の少年;パートI
殺人の公判; パートIV

Tags:
英語の殺人の公判; パートI スペイン語の殺人の公判; パートI ドイツ語の殺人の公判; パートI スウェーデン語の殺人の公判; パートI イタリア語の殺人の公判; パートI 日本語の殺人の公判; パートI 韓国語の殺人の公判; パートI ポルトガル語の殺人の公判; パートI フランス語の殺人の公判; パートI トルコ語の殺人の公判; パートI ヒンディー語の殺人の公判; パートI