A+Dog%27s+Tale%3B+Part+IV

ある犬の物語 その4

マーク トウェイン作の、ある忠犬の物語。

上級者
Beelinguappでこのストーリーを読んだり聞いたりしましょう!

ある犬の物語 その4

マーク トウェイン作の、ある忠犬の物語。

上級者
Beelinguappでこのストーリーを読んだり聞いたりしましょう!

声は遠くからで、音はこもっていた。 それでも、怖かったことには変わりはなかった。 それは、今まで聞いた中で一番恐ろしい音だった。 声はいろんなところ、そこらじゅうから聞こえていた。 玄関でも、あらゆる部屋でも、一階でも、二階でも、地下室でも、倉庫でも鳴り響いていた。 そのうち、その声は外へ出て、さらに遠くへ、遠くへと鳴り響いた。 しばらくすると、声はまた家へ戻ってきて、また、そこらじゅうから聞こえてきた。 もう、これはずっと続くんだ、と思った。 でも、やっと終わる時がやってきた。 屋根裏部屋に入ってくる、ぼんやりした黄昏の明かりが暗闇に覆い隠されてから、さらに何時間もたった後だった。

お好きな言語で読んだり聞いたりしましょう

Tags:
英語のある犬の物語 その4 スペイン語のある犬の物語 その4 ドイツ語のある犬の物語 その4 スウェーデン語のある犬の物語 その4 イタリア語のある犬の物語 その4 日本語のある犬の物語 その4 韓国語のある犬の物語 その4 ポルトガル語のある犬の物語 その4 フランス語のある犬の物語 その4 トルコ語のある犬の物語 その4