A+Dog%27s+Tale%3B+Part+III

ある犬の物語 第三部

マーク トウェイン作の、ある忠犬の物語。

上級者
Beelinguappでこのストーリーを読んだり聞いたりしましょう!

ある犬の物語 第三部

マーク トウェイン作の、ある忠犬の物語。

上級者
Beelinguappでこのストーリーを読んだり聞いたりしましょう!

夫人の仕事場の床に横になって眠ったこともあった。 夫人は足を載せる台として、自分をやさしく扱ってくれた。 そうされると、脚で優しくなでてもらって気持ちいいことを分かっていた。 子ども部屋で一時間ほど過ごすこともあった。 ここでの手荒い歓迎はいつでもうれしかった。 赤ん坊のベッドの横で番をすることもあった。 それは赤ん坊が眠っていて、保母さんが赤ん坊のための用事で二、三分ほど部屋を離れるようなときだった。 時には、サディと疲れるまで家の中や庭を駆けまわった。 そして、サディが本を読む間、木陰の芝生の上で眠った。 近所の犬たちに会いに行くこともあった。 会って楽しい子たちが数匹、結構近くに住んでいた。 その中に、ロビン・アデールという名の顔立ちが良くて、礼儀が正しくて気品のある出で立ちの、くるくる髪をしたアイルランドからの移民の子がいた。 この子も自分みたいに長老会派だった。 スコットランドの公使のところの子だった。 グレイ家の召使の人たちはみんなやさしかった。 みんな、自分を気に入ってくれた。 こんな感じで、そこでの生活を楽しんでいた。

お好きな言語で読んだり聞いたりしましょう

Tags:
英語のある犬の物語 第三部 スペイン語のある犬の物語 第三部 ドイツ語のある犬の物語 第三部 スウェーデン語のある犬の物語 第三部 イタリア語のある犬の物語 第三部 日本語のある犬の物語 第三部 韓国語のある犬の物語 第三部 ポルトガル語のある犬の物語 第三部 フランス語のある犬の物語 第三部 トルコ語のある犬の物語 第三部